記事一覧

自分に合った方法

電卓

債務整理は、任意整理、個人再生、自己破産、特定調停といった方法があります。どの方法で行うからは、収入、財産、借金額から検討していくのですが、何でも自分で行うととても時間がかかりますから、法律のプロに依頼するのが一番です。

詳しく見る

過払い金の無料診断

男性と女性

過払い金は、債務整理の一種ですが完済をしてから請求手続きをする場合には、信用情報に事故情報が登録されてしまうということはないです。債務がある状態であると、任意整理の手続きになることがあるので事故が付く場合があります。

詳しく見る

状況に則した解決方法を

説明

借金の返済が滞っている方は、1日も早い弁護士への相談が重要です。弁護士があなたに最適な債務整理を提案し、交渉や手続きを代行してくれます。債務や収入の状況、債権者の考えに応じた提案により、スムーズに借金の悩みを解決してくれます。

詳しく見る

弁護士に借金相談をすると

お金

債務整理を弁護士に依頼するメリットは、毎日のようにかかってくる金融業者から督促が止まるので精神的にも楽になります。正式に受任すれば、あとは弁護士が各債権者と交渉して減額や返済計画を話し合いますので和解成立まで待つだけです。

詳しく見る

弁護士の利用が多い理由

男女

債務整理というのは一般市民にとって滅多に経験することではないため、知識がほとんどありません。また、債務整理は債権者に対して債権を放棄してもらうことでもあるため、簡単にできるものではありません。弁護士に依頼することで、精神的な苦痛を軽減することができます。

詳しく見る

弁護士に頼んで借金減らす

レディ

借金いくらからできるか

現在抱えている借金を何とかしたい、このままだといつ返済が終わるのか分からない、そういった借金問題でお悩みの方は法律の専門家に依頼して債務整理を行う方法があります。債務整理は、任意整理、個人再生、自己破産といった方法があります。そこで気になるのは、借金額はいくらくらいから手続きをすることができるのか、どのくらい取引期間があればできのかというこです。債務整理が初めての人は、何かと不安です。実は、債務整理をするのに取引期間や借金の金額は関係ないのです。例え100万円未満の少額の借入れであったとしても人それぞれ経済事情は異なりますから、借金返済の負担が苦しければ借入額に関係なく手続きを行うことができます。では、どれぐらい返済していれればできるのかということですが、極端な話1度も返済していなくても債務整理は行うことができるのです。貸した側にとってみれば、せっかく貸したのに1度も返済されずに債務整理をされてしまうと、元金すら返ってこない可能性もあるのですが、行うことはできます。ただし、一度も返済が無く任意整理をする場合は、過払い金の減額はほぼ期待できないです。払い過ぎた利息分を減額に充てる手続きなので、そもそも1度も返済していないと利息も払っていないのですから減額は無理なのですが、将来利息はカットすることができます。任意整理であれば、今後一切金利がかからないようにできるため元本を分割で返済していきます。

Copyright© 2018 借金の負担を減らすなら債務整理【専門家に依頼】 All Rights Reserved.